簡単縫って貼るだけ☆かわいい定番リバティヘアピン

 
こんばんは~
めんどくっさがりーなのhacoruco.です。
 
遠い昔、小さかった娘がヘアピンをいつもつけていた頃、
このヘアピン、ふんわり布で包めないかな~。
かわいくになると思うんだけどなぁ~。
と、ふと思いました。
ちょうど、ハンドメイドブームの走りの頃で、まだそんなヘアピンは見たことがなかったのです。
 
どうやったら作れるかなぁ?
自分で考える。考える。考える。
このヘアピンは自分で考えてイチから作った私の記念すべきオリジナル第1号作品です。
 
あれからあちこちで普通にこのヘアピンを見るようになりました。
今でもとってもかわいいと思います。
他の人がどう作ってるのかはわかりませんが、めんどくっさがりーな流、
今日はとってもかわいいリバティのヘアピンの作り方をご紹介したいと思います♪
 
 
スポンサーリンク
レクタングル大広告

ぷっくりかわいいリバティヘアピン

 
 
☆材料☆
 
 
●リバティ生地4センチ×7センチ(薄い布ならOK)
●ヘアピン(長さ5センチ)
●接着芯(中厚)
●キルト芯(5mm厚)
●フェルト
●ボンド(手芸用でも木工用でもOK)
●針と糸とハサミ
●リッパ―かカッターナイフ
●アイロン
 
 
☆作り方☆
 
①接着芯をヘアピンサイズにカットし、アイロンでくっつけます
 
接着芯は厚さがいろいろありますが、触った感じが市販マスクくらいの硬さのものがベストです。
生地が薄いので作業をしやすくするためと、仕上がりが綺麗になるので薄手の接着芯では頼りなく不向きです。
接着芯は100均でも買えるみたいです。
薄手しかない場合は2枚重ねて貼っても大丈夫です♪
生地はリバティプリントじゃなくても全然大丈夫です。薄い生地を選んでください。
 
 
②フェルトをヘアピンサイズより気持ち小さくカットする。
 
最後にボンドでヘアピンの裏に貼ります。表から見えないように気持小さくカットしてください。
 
 
③キルト芯をヘアピンサイズで2枚用意する。
 
キルト芯も100均で買えるみたいです。なんでもありますね~100均!
うちにあるキルト芯は5mm厚のふわふわしたキルト芯です。
これを2枚重ねて使います。
1枚だとあんまりふわっと仕上がらないので。1枚でも2枚でもお好みでどうぞ♡
 
 
④生地は接着芯を貼ってから1センチ縫い代をとってカットします。
 
そして2mm内側をぐし縫いして、一周したら糸を引いて縮めます。
 
 
↑こんな感じ。接着芯のおかげでなんとなく形ができましたね♪
 
 
⑤縮めた生地にキルト芯とヘアピンを先っぽの方から入れる。
 
 
きちゃない手が見えちゃってすみません(汗)
接着芯がヘアピンと生地の間にしっかりはまるように生地に接着芯とヘアピンを押し込みます。
うまくセットできたら糸を引いてぎゅーっと閉めちゃってください。
ちょっと入れにくいかもしれないけど、頑張って‼
 
 
⑥裏で生地を縫いまつる。
 
 
ぎゅーっと糸を引いただけではボヨボヨしていると思うので右から左、斜めなどに縫いまつってヘアピンに生地をフィットさせていきます。
先っぽが団子になりやすいので、上の写真のようにデコっと出てるところに針をさして内側に針を抜いて縫っていくと山が小さくなります。
お尻の方もカーブがフィットしにくいので角から中央に針を抜くと角が引っ張れてフィットされます。
ピンのパッチン部分はあけて縫ってくださいね♪
さぁ、できたも同然!ゴールはすぐそこ~
 
 
⑦縫い絞ったヘアピンの裏に目隠しのフェルトを貼る。
 
 
パッチンの付け根部分の位置あたりに印をつけて、リッパ―で穴をあけてください。
リッパ―がなければ、カッターで印の部分を切ってもらってOKです。
私はめんどくさかったので、縦に2つに折って、ハサミで切り込みをいれました(笑)
穴が開けばなんでもいいです。
 
ボンドを付ける前に一度合わせてみて、縫い目が隠れるか、表からは見えないか、確認しましょう!
 
確認できたら、フェルトにボンドをつけて、ヘアピンに貼り付けます。
先っぽのフィット感がなかなか難しいとおもいますが、フェルトなので伸びます。ひっぱたりして、頑張って縫い目を隠して下さい。
 
 
先は少し引っ張って表から見えないぎりぎりまで伸ばして貼りました。
パッチンを下してしっかり押さえて乾かします。
 
 
⑧出来上がり!!
 
 
ふんわりフォルムがかわいいヘアピンが完成♡
 
 

リバティヘアピンづくりのポイント

 
 
【生地について】
 
小さなヘアピンなので、柄は細かい小さいものを選ぶといいと思います。
選ぶ生地によって大人でも、子どもでも使えるおしゃれアイテムになります。
【裏の縫い絞りについて】
仕上げにフェルトを張り付けた時に縫い糸が見えないようにするには、最初にぐし縫いした糸より外側に針を通さないことです。
私はいつも縫い糸のラインに針を刺し対角線上に縫って、生地を引っ張っていきます。
1つ目は難しいかもしれないですが、2つ目からはコツがわかるはず!
いろんな柄でつくってみてください♪
 
 
【ボンドについて】
 
私は小物づくりで接着剤を使うときは木工用ボンドを愛用しています。
接着不可能なものもありますが、生地はくっつきます!
ただし水溶性なので、洗ったりする物には使用できません。
気をつけてくださいね~。
フェルトにボンドをつけるときは、爪楊枝をつけって薄くのばしましたが、フェルト用のボンドも愛用しています。
理由は出てくる口が細いので、そのまま直接塗れてすごく楽ちんだからです。
楽したい方にはおすすめです♡
もうひとまわり大きいヘアピンも形が違うヘアピンも作る要領は同じです。
 
 
Have a nice handmade time !
 
素敵な作品ができますように♡

 
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする